ウルフカットセミロング40代50代若返りの髪型ミディアム〜ロングも

ヘアカタログ

ふつふつ人気急上昇のウルフカット。最近では進化していて、ワイルドなウルフカットや柔らかい
シルエットのウルフカットがあり、40代50代の女性の若返りの髪型としても人気があります。
セミロングウルフカットにしたいけど面長には似合わない。などお悩みに多いようなのです。
そこで、美容師歴15年の私が、面長・丸顔・ベース型に似合うウルフカットセミロング
や若返りの髪型ミディアムやロングもご紹介していきます。

・40代50代のセミロングウルフカット


【エレガントセミロングウルフ】

出典:pinterest 
セミロングの長さの表面に存在感のあるレイヤーを入れ、毛先にしっかり
ワンカールさせた動きのあるエレガントセミロングウルフ。
毛先の動きがきれいに見えるように明るめのベージュ系を入れるのもポイント。
前髪は、自分の好みや顔の形に合う、カバーできる前髪を選ぶといいですね!

【流し前髪  X ふんわりウルフカットセミロング】

出典:pinterest 
えり足部分をすきすぎない柔らかい印象のウルフカットセミロング、
顔周りのレイヤーがふんわり顔を包み込み面長さんにもおすすめ。
丸顔さんやベース型さんは、おでこをちょい見せするとほっそり縦長にスッキリ小顔に◎

【シースルー前髪 X ネオウルフカットセミロング】

出典:pinterest 
ナチュラルウルフカットセミロング、ある程度の重さを残し
くびれが、女性らしさを追求したセミロング。

【シースルー前髪 X ハイレイヤーセミロングウルフ】

出典:pinterest
シースルー前髪とサイドヘアでフェイスラインをカバーして、よこに広がる
ハイレイヤーウルフは、丸顔さんベース顔さんにおすすめ。
面長さんは、シースルー前髪をワイドバングにするとより◎

【流し前髪 X  ウルフカットセミロングパーマ】

出典:pinterest 
毛先と顔周りにたっぷりレイヤーを入れたウルフカット。
毛先が横に広がるので面長さんにもおすすめ。
丸顔さんベース型さんは、おでこを少し見せると◎

【ぱっつん前髪X ウルフカットロングレイヤー】

出典:pinterest 
レイヤーをたっぷり入れたロングウルフカットは、ふんわりしたアゴライン
サイドヘアが明るい女性らしい印象を与える大人可愛いロングウルフ。
面長さん丸顔さんにおすすめ。ベース型さんはおでこが見えるように三角を作ると◎

【ふんわり前髪 X あいみょんウルフセミロングパーマ】

出典:pinterest
ウルフカットにパーマをかけ、ウエットに仕上げたあいみょん風セミロング。
前髪とサイドヘアでフェイスラインを隠せるので、輪郭が気になる方におすすめ。
モード系にもガーリーにもなれるセミロングパーマは面長さんにおすすめ。
丸顔さんベース型さんは、おでこ を少しのぞかせて、たて長を強調させて◎

【シースルー前髪 X ウルフカットセミロング】

出典:Pinterest
シースルー前髪ひし形シルエットのウルフカットセミロング
丸顔さんベース型さんにおすすめです。面長さんは、ワイドバングで◎

【シースルー前髪 X セミロングウルフカット】

出典:pinterest
大人かわいいセミロングウルフ。頬のサイドのボリュームにを出すので、
面長さんにもおすすめ。シースルー前髪で縦の長さを出すので、丸顔さんにも◎
ベース型さんは、前髪を斜めにするなどすると◎
髪色を黒髪にすると落ち着いた印象になります。

【シースルー前髪 X ハイレイヤーセミロング】

出典:pinterest
全体にしっかりレイヤーを入れたマッシュウルフカットセミロング。
モード系を目指す丸顔さんやベース型さんにおすすめ。
面長さんは、ワイドバングや重め前髪にすると◎

【ラウンド前髪 X マッシュウルフカットロング】

出典:pinterest 
トップを重めにし、毛先をスッキリさせたロングウルフは
丸顔さんやベース型さんにおすすめ。面長さんは、ワイドバングにすると◎

・40代50代 若返りの髪型 ミディアムウルフカット

40代50代におすすめなミディアムウルフカット。
セミロングより若干長さが短めなミディアムは、
何事も重力で下がりやすい年頃の
40代50代の女性の若返りにはおすすめです。

【ぱっつん前髪 X ちょいウルフカットミディアム】

出典:pinterest
えり足の部分は適度のレイヤーで重さを残し、顔周りには軽さが出るように
たっぷりレイヤーが入ったミディアムウルフカットは、ウルフカット初心者
さんにおすすめ。顔の長さが気になる面長さんにもおすすめです。

【重めラウンド前髪 X エレガントウルフカットミディアム】
出典:pinterest
重ためのラウンド前髪にニュアンスが出るようにカットしエレガントに仕上げた
ウルフカットミディアム。耳にかけて色っぽさをプラス♡スッキリ小顔効果もUP。

【ラウンド重め前髪 X ミディアムウルフカット】

出典:pinterest
ボーイッシュなオンザショート前髪とたっぷりレイヤーを入れたミディアムウルフは、
自然なくびれが女性らしさをプラスしてくれます。
顔周りのレイヤーが、フェイスラインをカバーしてくれるので、
輪郭が気になる方におすすめ。特に面長さんにおすすめです。
丸顔さんベース型さんは、少しおでこを見せたり長めの前髪にすると◎

【シースルー前髪 X ミディアムマッシュレイヤー】
出典:pinterest
シースルーの前髪とアゴラインに設定したトップの丸みとえり足のハネが
女性らしさを感じさせるモード系にもエレガントにもなる若見え小顔ウルフです。
サイドにボリュームがあるので面長さんにもおすすめ。
丸顔さん、ベース型さんフェイスラインをしっかり隠して小顔効果◎

【フェザー前髪 X ガーリー ミディアム ウルフカット】

出典:pinterest
外人風セミロングウルフカット、クシュクシュとした束感パーマ
ガーリーな印象を目指す方におすすめ。
よこに広がるスタイルは、面長さんにおすすめです。
丸顔さんベース型さんも前髪を長めにしたり似合うようにすると◎

【リップライン前髪 X ミディアムウルフカットパーマ】
出典:pinterest
ウルフカットなので強めのパーマをかけも毛先が膨らまないミディアムウルフ
サイドヘアでフェイスラインをカバーしてくれるので、顔の形を選ばない
長め前髪の人、ストーリー系、カジュアルモードを目指す人におすすめ。
面長さんは、ワイドバングにしたり、サイドにボリュームを出すと◎
丸顔さんは、トップにボリュームを出して◎

・40代50代のウルフカット ロング

【流し前髪 X ストリートナチュラルウルフセミロング 】
出典:pinterest
ナチュラルウルフセミロングは、ストリート系を目指すホットなヘア。
可愛くなりすぎるのが苦手な丸顔さんにおすすめです。
トップが前が下がりショートボブは、ネイプエリアを束ねてしまえば、
ショートヘア に早変わりできる二倍おいしいです!
ふんわりサイドヘアは、輪郭を隠せるベース型さん面長さんにもおすすめです。

【ぱっつん前髪 X ウルフカットロング】

出典:pinterest
ぱっつん前髪アゴラインでセットした顔周りのサイドヘアが女性らしい
ロングウルフは、面長さんにもおすすめです。
丸顔さんベース型さんは、おでこを少し見せると◎

【うざバングXストリート アッシュ セミロング 】

出典:pinterest 
ストリートセミロング外国人風カラーウルフカットろんング。
前髪はセットで女性らしくもストーリー系にもなれるくびれヘアで、
顔の形を選ばないウルフカットです。
髪色を暖色系に変えるとかわいい印象にもなれます!

 

ナチュラルウルフカットロング】

出典:pinterest
髪色が優しい暖色系なので大人可愛い印象を目指す人におすすめ。
顔周りにレイヤーを入れ、適度にネイプエリアのヘアは残している
ウルフロングは、顔の形を選ばないネオウルフです。
前髪はバランスよく自分に合う前髪を合わせると◎

【ナチュラルウルフカットロング】
出典:pinterest
女性らしいシェイプのウルフカットロング。レイヤーの入った毛先の束感が
立体感を出しお顔をはっきり見せてくれます。
いろんな顔の形の人に似合う髪型。
【前髪なし X ウルフカットロング】
出典:pinterest 
レイヤーを入れたウルフカットは、髪全体に動きがでるので、
ロングでもふんわりエアリーな印象に。
サイドにボリュームが出せるスタイルなので、面長さんにもおすすめ。
前髪作る場合は、よこに広がって見えるような前髪を作ると◎

出典:pinterest
トップをふんわりさせたロングウルフカットの表面のバランスを整えた
グレージュカラーで赤味を抑えたハイライトが立体感がゴージャスヘア。
前髪は、バランスよく自分の顔に合うように作って◎

 


【センター分け X ストレートロングウルフ】

出典:pinterest
カジュアルストリートウルフカットロング。
顔に沿うようなレイヤーが入ったサイドヘアは、丸顔ベース型さんにおすすめ。
面長さんは、おでこを出して顔の長さが気になる時は、前髪を作ると◎

・まとめ

ウルフカットセミロング40代50代若返りの髪型ミディアム〜ロンをご紹介してきました。

モードなウルフカット、エレガントなウルフカット、

カジュアルなウルフカットいろんなウルフカットがありましたが、
気に入った髪型はありましたか?

トレンドのウルフカットで、おしゃれに若返っていただけたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。