data-full-width-responsive="true">

おばさんぽくない髪型40代50代前髪ありなしショートボブ&ミディアムロング

ヘアカタログ
40代や50代の方は、前髪どうしたらいいのか悩みますよね?
どんな前髪にすれば、おばさんぽくなく自然に若く見えるのか?
今回は「若見え」をテーマにショートからロングまでの髪型を紹介していきます。

50代になると、今の髪型で若作りしすぎているように見えないか、昔は似合っていた髪型が、だんだんしっくり来なくなったのではないか、などいろんな悩みが出てくると思います。

いつまでも若々しくいたいけれど、歳をとるごとに髪のボリュームが無くなってきたり、白髪が増えたり、悩みはつきません。

でも、そんな悩みを上手くカバーして、年齢関係なくいつまでも美しくいたいですよね。

ここではおばさんっぽくならない、若く見える髪型を美容師歴16年の私が紹介します。

50代の若見えショート

まずは、ショートヘアを紹介します。

上手く、コンプレックスや年齢による悩みを隠して、理想のショートヘアを見つけてください!

50代のボブx前髪ありのセミウエットでおしゃれに

続いてご紹介する髪型は、ボブです。

ショートボブよりも長く、長さは顎のラインと肩の丁度間くらいなのが特徴です。

ショートボブよりもアレンジの幅がぐっと広がります

内巻きにして丸いシルエットにしても良し、外ハネにしても良し、巻いてもかわいいです!

また、結ぶことができる長さなので、縛ったヘアアレンジも可能です。

出典:pinterest

長め前髪ショートボブ

一つ目は、ショートボブです。

ショートボブのポイントは、ボリューム感です。

年齢とともに、毛量が減ってきたり髪がぺったんと元気がなくなったりします。そこで、カットやセットによって頭のトップや後頭部にふんわり感を出すことができれば、そんな悩みはもうなくなります。

顎のラインくらいの長さなので、すっきりと清潔感がある髪型です。

清潔感のあるふんわりショートボブは若みえを叶えるのにぴったりな髪型です。

 

出典:Pinterest

 50代のミディアムボブ

続いて、ミディアムボブをご紹介します。

これは、肩に付くか付かないかというくらいの長さのボブになります。

こちらもアレンジがしやすい長さになります。

この長さで、髪をまくと顔周りにボリュームが出てしまい、やぼったい印象になると感じる方は、レイヤーを入れたり、オイルを付けたりしてボリュームを抑えることができます。

レイヤーを入れると、毛先に動きが出てこなれ感が出るとともに、扱いやすくなります。

オイルを付けると、自然な束感を出しつつボリュームや髪の広がりを抑えることができます。

このようなひと工夫があると、自然と若見えが叶えられます!

出典:pinterest

外ハネミディアムボブ

続いて、ミディアムボブを外ハネにした髪型をご紹介します。

ボブやミディアムボブは丸いシルエットになりがちなので、幼い印象になったり、かわいい印象になってしまう場合があります。

そこで、毛先を外ハネにすることで、大人の色気あふれる、おしゃれなおとなっぽヘアが作れます。

シンプルで簡単だけど、どこかあか抜けていて年齢の割に若く見えるという印象を受ける髪型ですね。

さらに、真似しやすいところがポイントです。

出典:pinterest

丸みシルエットショート

外ハネは遊び心もある上、大人っぽい印象の髪型でしたが、あえてショートの丸みを生かして、かわいらしい髪型にするのもとっても素敵です。

前髪でも、顔の印象は大きく左右されます。

丸みのあるシルエットのショートヘアにした場合は、前髪を伸ばしてかきあげ前髪にすると、かわいさと大人っぽさのバランスが取れて、若見えショートを叶えることができます。

 

出典:pinterest

若見えミディアム

続いて、ミディアムヘアをご紹介します。

ミディアムヘアは、肩に付くくらいの長さなのが特徴です。

女性らしいシルエットの髪型にしやすい長さで、アレンジも多様です。

くびれミディアム×流し前髪

ミディアムヘアの長さになると、くびれヘアがとってもかわいいです。

くびれヘアは、顔の周りをS字を描くようにウェーブさせる髪型のことです。

トップと顔のサイドはふんわり、髪の中間で内側に入り、最後に毛先を外ハネにします。

髪全体に動きが出るため、ふんわりと女性らしい印象になります。

更に、このくびれヘアに流し前髪を合わせることで、さらにかわいらしい印象になります。

 

出典:pinterest

前髪ありx外ハネミディアム

単に外ハネをするだけでも、手の込んだ髪型に見えるのも、ミディアムヘアの特徴です。

忙しい朝でも、簡単にセットができそうです。

更に、オイルを付けてツヤ感のある髪型にすることも大切です。

どの髪型にも言えることですが、オイルでツヤ感、束感を出すことでおしゃれ感が出ます。

出典:pinterest

 

くびれヘア×かきあげ前髪

くびれヘアは様々なアレンジが可能です。

鎖骨くらいの長さでも、とっても素敵です。

長めの前髪で、しっかりおでこを出すと、大人っぽい印象になり、先ほどご紹介した前髪ありのくびれヘアとはまた違った印象になりますね。

 

出典:pinterest

明るめカラー×ミディアム

ミディアムヘアは、重たく見えることがあります。

そんなときは、少し明るめのカラーを入れることによって、ふんわりとした軽い印象になります。

おすすめのカラーは、オリーブベージュ、アッシュ、ミルクティーベージュです。

オリーブベージュは、ナチュラルで透明感が抜群のカラーです。

アッシュは灰色という意味ですが、日本人は灰色がかった茶色のアッシュが似合う傾向があるといわれており、こちらも透明感抜群のカラーになります。

ミルクティーベージュは、想像がしやすいかもしれませんが、ミルクティーのような優しいブラウンです。

 

出典:pinterest

くびれヘア×センターパート

前髪をセンターで左右に分ける髪型は、顔の印象がはっきりと見え明るく見えます。

前髪を頬骨の位置でクルっと巻くと、くびれ巻きの外ハネとともに、良いアクセントになります。

年齢とともに、髪のボリュームがなくなってきたと感じる方は、髪に動きを付けてボリュームを出すようにすると良いです。

出典:pinterest

ふんわりミディアム

全体をふんわり巻く、ふんわりミディアムをご紹介します。

全体を太めのコテで緩く巻けば、ナチュラルで洗練された印象が生まれます。

変に作りこまない抜け感のある髪型は、大人の髪型にピッタリです。

 

出典:pinterest

ミディアム×レイヤー

続いて、レイヤーを入れたミディアムヘアをご紹介します。

顔周りの毛が短くなるようにレイヤーを入れ、内巻きにします。

顔周りの毛に動きが出る上に、毛量が少なく感じられ扱いやすくなります!

また、ストン、ペタンとなってしまう50代の髪も、動きのある生き生きとした髪型に変身させることができます。

出典:pinterest

オールバック×ミディアム

続いて、ミディアムヘアにオールバックを合わせた髪型を紹介します。

オールバックにすると、クールな印象になりますよね。

更に、オールバックの魅力はセットが楽だということ。

バームなどを手に出し、流したい方向へかきあげるだけです。

ミディアムヘアとオールバックを合わせることで、甘くなりすぎないカジュアルなイメージになっておすすめです。

 

出典:pinterest

ムギョル巻き

ムギョルとは、韓国語で「波」の意味。

ミディアムヘアに大きめのウェーブは、こなれ感とおしゃれ感をしっかり演出してくれます。

出典:pinterest

MIX巻き

内巻きと、外巻きをミックスさせると、ミックス巻きができます。

ストレートアイロンか、コテを使って簡単にセットをすることができます。

毛先にボリューム感が出るのが、外はねと内巻きをミックスさせるこの髪型の特徴です。

毛先にボリューム感が出ると、全体が野暮ったく見えてしまうこともあるので、ミディアムほどの長さが最もおすすめです!

出典:pinterest

外ハネミディアム×シースルー前髪

目の上ぎりぎりの長め前髪も、ミディアムヘアと相性抜群です。

前髪の量を減らして、シースルー感のある前髪にすると長めでも重たい印象にはなりません。

抜け感が出したい方には、シースルー前髪がおすすめです!

様々なミディアムヘアを見てきましたが、前髪の印象で全体の印象が大きく変わることが分かりますね。

目の上ギリギリくらいの長めシースルー前髪であれば、両サイドに分けてみたり、流し前髪にしたり、比較的アレンジのヴァリエーションが豊富です。

 

出典:pinterest

黒髪×ミディアム

黒髪ミディアムは定番で、ナチュラルなイメージがあります。

更に、前髪なしのヘアスタイルはより一層大人っぽさ、クールなイメージをプラスします。

シンプルな髪型ですが、全体をコテでふんわり巻いて動きを付けたり、オイルで束感を出すことによって、おしゃれさんの髪型になります。

黒髪は、肌を美しく見せてくれるというのも嬉しいですね!

作りこみすぎない、自然なおしゃれ感が出せるので、50代の若見え髪型にピッタリです。

 

 

出典:pinterest

50代の若見えロング

続いて、若見えを叶えてくれるロングヘアをご紹介します。

50代の髪型において、大切な要素の一つに「清潔感」があります。

ロングヘアだと、手入れが行き届かずバサバサになったり、広がりやすかったりしますよね。

カットやカラーで清潔感のあるロングヘアを叶えましょう。

センター分け×ロング

まずは、センター分け×ロングです。

おでこを出すことで、顔の表情がパッと明るくなり、印象も良く見えます。

頬骨のあたりで前髪を外巻きにすることで、頬骨が少し隠れて小顔効果も期待できます!

前髪がないので、さっぱりとした印象もありつつ、全体をゴージャスに巻いてあるので、女性らしい髪型になります。

 

出典:pinterest

顔周りレイヤー

続いて、顔周りにレイヤーを多めに入れた髪型になります。

これは、毛量が多い方にお勧めです。

顔周りの毛に動きが出るので、なにもセットしなくてもおしゃれです。

まわりの人とは、一味異なった髪型にしたい方、ぜひやってみてください。

出典:pinterest

毛先ワンカール×ロング

続いて、ロングヘア―で毛先をワンカールしたアレンジです。

こちらも簡単にセットできます。

ロングのストレートは、髪がぺたんとなってしまうことがあるので、髪のボリュームが足りないなと感じる方は、前髪やレイヤーをうまく使って、動きを出すようにしましょう。

50代の若見えヘアに大切なことの一つとして、ボリューム感もかかせません!

出典:pinterest

韓国風 ヨシンモリ

ヨシンとは韓国語で「女神」、モリは「髪の毛」です。

つまり、ヨシンモリとは「女神ヘア」

その名の通り、上品な美しさが感じられます。

ヨシンモリをやりたい場合は、ローレイヤーのロングヘアがピッタリです。

低めのレイヤーで、ある程度長さがあるとウェーブがきれいにできますよ。

出典:pinterest

明るめカラー×ロングヘア

続いて、ロングヘアにある明るめのカラーをご紹介します。

明るめのカラーを合わせることで、軽いふんわりとした印象になります。

おすすめのカラーは、ミルクティーベージュ、マロンベージュです。

温かみのあるカラーで、明るすぎず落ち着いた印象なのが特徴です。

ブリーチをしなくても、抜け感のあるカラーにすることができるので、髪の傷みを気にすることなく、ロングヘアのカラーを楽しむことができます。

また、オルチャン風ロングヘアのシルエットは、ロングヘアをしたい50代大人の女性におすすめの髪型です!

 

出典:pinterest

黒髪×スーパーロング

続いての髪型は、スーパーロングです。

胸よりも下の位置まで伸ばした黒髪スーパーロングは、はっと目を引くような美しさがありますよね。

手入れが行き届いた髪は、清潔感が抜群である上に、普段からケアを怠らないその人の人となりも見えてくる感じがします。

スーパーロングでもレイヤーをうまく活用することで、髪全体に動きを出すことが可能です。

 

出典:pinterest

ナチュラルロング

続いては、ナチュラルでシンプルなロングヘアです。

シンプルな髪色、髪型で、お顔の良さを存分に引き立ててくれます。

万人受けしそうな、ナチュラルヘアもとてもおすすめです。

出典:pinterest

ウェーブ巻き

最後は、ウェーブ巻きです。

海外のドラマに出てきそうなかわいらしい雰囲気ですね。

前髪をセンターパートにすると、大人っぽい印象もあります。

ロングヘアだと、大きめのウェーブがいくつもできるので、ウェーブがはっきりわかります。

ロングヘアならではの髪型ですね。

出典:pinterest

【おばさんぽくない髪型】40代50代が若く見えるショートボブ&ミディアム★ロングまとめ

ここまで、50代の若見えヘアをご紹介してきました。

同じ長さの髪型でも、前髪、カラー、レイヤーなどで、自由自在にアレンジができるということが分かりました。

ぜひ、自分の好きなスタイルを見つけてみたください!