髪質改善トリートメントとは?縮毛矯正とのちがいを美容師が解説

ヘアケア

テレビでも取り上げられたこともあり、髪質改善トリートメントとても注目を浴びていますよね?髪の毛が、さらさらつやつやになるといわれていることもあってか、髪質改善トリートメントって高価なトリートメントてしょ?縮毛矯正は髪の毛のクセをとって真っ直ぐにしてくれるものでしょ?また、髪質改善トリートメントと縮毛矯正は何が違うはわかっているけど、どちらを受けたら良いんだろう?など迷われている方もいらっしゃいますが、髪質改善トリートメントと縮毛矯正は別物なのです。そこで、美容師歴15年の私が、髪質改善トリートメントと縮毛矯正違いについて解説します。

 

 髪質改善トリートメントと縮毛矯正の違いとは?

髪質改善トリートメントと縮毛矯正の違い

簡単にいうと、しっかりとクセを伸ばしたい人は縮毛矯正で、

少しゆるさを残しながら真っ直ぐさらさらにしたい人は髪質改善トリートメント

目的が違うため、使う薬剤が違うということ。

それぞれを詳しく解説していきます。

 

・髪質改善トリートメントとは?

髪の毛の内部の結合を切らずに再生させると、うねりを真っ直ぐに伸ばすことができるのが髪質改善トリートメント。

 

別名「酸熱トリートメント」とも呼びます。

熱で酸を髪の毛の中に浸透させて定着させることで、髪の毛を修復してくれるトリートメント
なので酸熱トリートメントと言います。

サロンによってはいい方がさまざまで、システムトリートメントというメニューを
『髪質改善トリートメント』という所もありますが、基本的には『酸熱トリートメント』を
『髪質改善トリートメント』と呼びます。

技術の進歩によって、今までできなかったことができるようになって生まれた技術の名前の
ことで、縮毛矯正と通常のトリートメントの良いところを組み合わせたものと考えていただくと
いいのかな?と思います。

髪質改善トリートメント髪の毛にどんな変化が起こっているの?

 

髪を濡らすと髪の水素結合は切れます(水素結合は乾くとまた元に戻ります)

髪質改善トリートメントに使われる薬剤を髪に付けると、髪の毛に結合水が増えた状態になります。

髪質改善のトリートメントの薬剤の効果で、水素結合に置き変わって結合水が増えた状態の髪の毛になります。

最後、ストレートアイロンでH-Oの水素結合を元に戻し、結合水を中に定着します。

さらさらつやつやの髪の毛の出来上がりです。

 

乾かない水分である結合水をたくさん増やして「つや髪」を作ってくれるという訳です。

 

わかりやすく理解できる為に、健康な髪の毛と傷んだ髪の毛の違いを説明します。

 

健康的な髪の毛とは?素結合がある髪の毛の事です。
もともと結合水という水分があるため、余分な水分は入らない状態の髪の毛

一方で

傷んだ髪の毛とは?水素結合が非常に少ない状態です。

水分が不足していて髪の毛が乾いてパサパサな状態で、必要のない余分な水分が入り
混んでしまっている状態の髪の毛。

新しい技術の髪質改善トリートメントの薬剤は、髪の毛の内部にある髪の毛の形状を
作り出している4つの結合にアプローチすることができるようになった薬剤によって、
あらゆる髪質の改善が、可能になった技術のことを「髪質改善トリートメント」といいます。

 

髪質改善トリートメントの薬剤と従来のトリートメントでは目的も効能も違う
ということです。

 

・一般のトリートメントとはなにか?

従来の一般的なトリートメントは、栄養成分を毛髪の内部に浸透させてダメージに
アプローチして髪の毛の修復をするのと同時に毛髪の表面に油で膜を覆って髪の毛
を綺麗にするものです。

 

1−3髪質改善トリートメントの種類とおすすめの人

 

髪質改善トリートメントにも大きく分けると3つの種類に分けられます

・くせ毛が取れて質感も良くなる髪質改善トリートメント
(ここではわかり易くするため、くせ、つや専用と言わせてください

こちらがおすすめな人は、そんなにくせ毛がひどくないけど、ふだんからのダメージに
よって出ているうねりをなくしてツヤを出したい人におすすめな髪質改善トリートメント

 

・くせ毛は取れないが質感を変えてくれる髪質改善トリートメント
(ここではつや専用と言わせていただきます)

こちらがおすすめな人は、くせ毛は気にならないが髪の毛のダメージやつやを
なんとかしたい人におすすめな髪質改善トリートメント

 

・くせ毛に直接アプローチしてダメージは残る髪質改善トリートメント
(ここではくせ毛専用と言わせていただきます)

くせ毛専用おすすめな人は、つやよりくせ毛が気になるかたにおすすめで、
上の2つのトリートメントよりは少しダメージはありますが、一般の縮毛矯正よりは
ダメージが少ない髪質改善トリートメント

1−4髪質改善トリートメントの持続期間

普通のトリートメントの持続が3週間くらいに対して大体2ヶ月位もちます。

 

・髪質改善トリートメントのメリット・デメリット

 

 

髪質改善トリートメントと縮毛矯正違い

メリット

・髪質改善トリートメントに使われる酸熱トリートメントは、髪の結合を切らずに
酸性の力で髪の毛をつやさらにみちびいてくれるから、縮毛矯正に比べるとダメージや
負担が少なくてすむ。

・繰り返し行うことで、髪の毛を健康的な髪の毛へと導いてくれるということ。
何回か髪質改善トリートメントを受けていくうちに、くせが戻らないようになっていくので、
最初は何回か繰り返し施術を受けることが望ましいです。

 

 デメリット

・カラーが同時にできない。(できない事はないがしない方がいい。)

・くせを伸ばすことができると言っても、縮毛矯正のように伸ばすことができない。

・2ヶ月くらいで元に戻ってしまうので結合が切れる前に髪質改善トリートメントを受ける必要
がある。1回だけ試したいと思うならもったいないので、やめた方がいいということ。

 

縮毛矯正とはどういうもの?

そもそも、縮毛矯正とはどういうものなのでしょうか?

髪の毛の内部の結合を切らずに再生させると、うねりを真っ直ぐに伸ばすことができるのが
髪質改善トリートメントに対して

縮毛矯正は、
強いくせのある毛髪の内部の結合を切ってから、付け直して髪の毛を真っ直ぐにすること。

 

施術工程
薬剤を髪の毛に塗布して一度髪の毛の中の結合を切断します。
ヘアアイロンで伸ばして違う薬剤をつけて固定し、遮断した髪の毛の結合を
繋ぎ直してくせ毛が真っ直ぐになるようにする。

 

縮毛矯正がおすすめな人

 

髪の毛が多くて、もともとくせが強く、頑固な髪の毛や湿気で髪の毛が
広がってしまうことが、悩みで困っている人におすすめの施術です。

縮毛矯正のメリット

つやが出て指通りをよくしてくれる

湿気で髪の毛のうねりや広がりをおさえてくれる。

アイロンの熱で伸ばすため、毛先までストレートになる

縮毛矯正のデメリット

・髪の結合を切って行われる縮毛矯正は、髪に大きな負担をかけます。

・髪の状態によっては傷みに耐えられないほどになってしまう事もある。

・髪の毛は、熱によるダメージが強いため普段からヘアケアを怠ると
髪の毛がパサついたり切れたりする。

髪質改善トリートメントと縮毛矯正はどっちがいい?

結論、髪質改善トリートメントと縮毛矯正は目的別に選ぶのが正しいということです。

ここまで、髪質改善トリートメントと縮毛矯正の違いを解説してきてわかってくれた
と思いますが、髪質改善トリートメントと縮毛矯正は全く違うものということでしたよね!

 

髪質改善トリートメントでは、今まで、できなかったことが技術の進歩によって、
髪の毛の中の形状の融合にアプローチすることができ、髪の毛を真っ直ぐにすることが
できるようになったので、従来の縮毛矯正よりは、髪の毛のダメージを減らしつつ
真っ直ぐにすることができるようになっています。

 

しかしながら、縮毛矯正とは違うので2〜3ヶ月後にはくせがまた出てくるので、
戻ってしまう前に、もう一度髪質改善トリートメントを受けることで、
最初に受けた髪質改善トリートメントを無駄にすることなく、何回か繰り返していく
うちに、髪の毛の質がきれいになり改善されていくものなので、
長期的に改善をの望む方におすすめしたいのです。

3−1 髪質改善トリートメントがおすすめな人

・長期的に髪の毛をきれいにしたいと思っている人

・パーマやカラーを繰り返している人におすすめです

・老化による髪のうねりが気になる人

・縮毛矯正をしている人のメンテナンス
(そんなに頻繁にできないので、縮毛矯正をした後、くせやつやを補うために髪質改善トリートメントを数ヶ月後おきに施術を受けてメンテナンスをするようにしてあげると良いと思います)

3−2 縮毛矯正がおすすめな人

 

くせが強く頑固な髪質でまとまりが悪く自分でセットするのが困難な人におすすめです。

縮毛矯正の種類

縮毛矯正もいろいろな種類があってよくわからないという人に

・コスメ縮毛矯正
コスメといわれるくらいなので髪の毛に優しいので、あまり髪の頑固なくせがある方
には向かない。

・低音縮毛矯正
低温縮毛矯正は温度の低いアイロンで髪の毛に負担がないように施術する縮毛矯正になります。

これも強い癖があると真っ直ぐストレートヘアーにならないことがあります。

 

・酸性縮毛矯正
通常の縮毛矯正の薬剤はアルカリ性に対してこの酸性縮毛矯正は酸性の薬剤での縮毛矯正です。

これが髪質改善トリートメントくせ毛専用に近いと思います。


 

まとめ

髪質改善トリートメントと縮毛矯正の違いについてご紹介してきましたが、いががでしたか?

サロンによって名前が違ったり、言い方が違ったりしますが、髪質改善トリートメントは、

老化やヘアカラー、パーマによる“うねり”が気になる方で、ゆるいサラサラの髪の毛に

なりたい方には最適だとお伝えしました。

一方で、縮毛矯正は、何はともあれ頑固なくせ毛をどうにかしたい方に最適です。

つやをだして綺麗なサラサラヘアになりたいのか、しっかりとくせを伸ばしたいのか、

それをしっかりとスタイリストさんに伝えること大事です。

髪の毛の状態にもよりますが、あなたに一番あった施術を受けることができるように、

この記事が参考になればと思いご紹介させていただきました。

最後まで読んでくれてありがとうございました。