『プロが解説』髪質改善トリートメントとカラーどっちが先?

ヘアケア

 

今話題の 髪質改善トリートメント!髪の毛がつやつやさらさらになると好評ですね。
マツコ会議で取り上げられたことで めちゃくちゃ話題になりましたね!

そんな髪質改善トリートメントなのですが、みなさんヘアーカラーと髪質改善トリートメントを一緒にやりたいけど、どちらから先にしたらいいの?などわからないことが沢山ありますよね。

髪質改善トリートメントとヘアーカラーを施術の順序を間違えると、ヘアーカラーの色が落ちてしまうこともあるので、そんな髪質改善トリートメントの疑問について詳しく解説していきたいと思います。

髪質改善トリートメントとはどういうもの?

髪質改善トリートメント

簡単にいうとトリートメントと縮毛矯正の両方のいいところを兼ね備えた優れたトリートメントのことです。

今までの従来トリートメントは、髪の毛の表面を覆いコーティングして外的ダメージから髪を守る効果に優れているものです。

一方で 髪質改善トリートメントは、毛髪の質感、形状をつかさどる4つの結合に働きかけてキューティクルから髪の内部に浸透できる様に開発された優れたトリートメントです。

 

髪質改善トリートメントはどうしてさらさらつやつやになるの?

別名『酸熱トリートメント』ともいわれ、髪に一切負担をかけずに“つや”がでてさらさらになり、くせ毛まで伸びてしまうほどのトリートメントもあるのです。

髪の毛を強い酸性の状態にして髪の毛に新しい結合をさせることで“つや” を出してくれたり、髪の毛を伸ばすことができるトリートメントです。

髪質改善トリートメントは、普通のトリートメントの油分と違うのでカラー材の色が入らないということはありません。

髪の毛の組織を分解しない薬剤を使っているので、より一層つや髪になるということです。

 

髪質改善トリートメントと髪質改善ストレートがあるということ

 

・くせ毛も取れて質感も良くなる髪質改善トリートメント

・くせ毛は取れない質感重視の髪質改善トリートメント

・くせ毛にアプローチダメージは残る髪質改善トリートメント

 

くせ毛も取れて質感も良くなる髪質改善トリートメント

 

癖毛や傷みの悩みやありとあらゆる髪質の悩みに対応する髪質改善トリートメント。

くせも直したい、ツヤもほしいさらさらになりたい方はこちらがおすすめです。

 

くせ毛は取れない質感重視の髪質改善トリートメント

 日々の蓄積により髪の毛の傷み、パサつきによる広がりなどを抑える効果があります。

元々のクセ毛の方、うねりなどにはあまり効果がないものです。

くせがあまりない方でつやつやさらさらになりたい方はこちらがおすすめです。

 

くせ毛にアプローチダメージは少量髪質改善ストレート

 こちらはダメージを改善したいというより何よりクセ毛・強いうねりが気になって

一刻も早くくせ毛を直したい方の為の髪質改善トリートメントです。

自分の髪の毛の悩みやどの様な効果がほしいのか、スタイリストさんとカウンセリングして選ぶといいですね!

 

 ヘアーカラーとはどういうものなの?

 

一般的にヘアカラー剤は アルカリ性で毛髪をアルカリにして髪の毛の色を明るくさせます。

 

ヘアーカラー後に髪質改善トリートメントをすると色落ちする?

 

ヘアーカラーをした後、直ぐに髪質改善トリートメントをすると色が落ちてしまいます。

なぜかというとアルカリ性の性質は、酸性に傾けると発色が弱くなって色が薄くなるという性質があります。

それをまた、髪質改善トリートメントで 髪の毛を酸性にすると髪の毛が収縮してしまい髪の毛の中の色素が外に放出する仕組みになっているので カラーを先にすると色が落ちてしまうのです。

髪質にもよりますが、色が落ちるだけでなく入れた色がすべてなくなる方もいます。

 

髪質改善トリートメントとヘアーカラーどちらが先?

 

結論、髪質改善トリートメントを先にしてからヘアーカラーをした方が良いということです。

正確には髪質改善トリートメントを行うことにより髪の毛の質が整います。

整った後にカラー剤を入れることでよりカラーがきれいに入りつや髪”になる!ということす。

 

カラーは後からすることをおすすめします。

 

しかし、髪質気改善トリートメントをした直後同日は避けた方がいいということです。

 

それは、髪質改善トリートメントは、最後の工程にストレートアイロンで髪の毛を伸ばして
空気中の酸素で酸化させて髪の状態をキープする必要があるからです。

その直後にカラーをするとなると、シャンプーをするイコール髪の毛を濡らさないとならない
といけないということなので、同日の一緒の施行はしない方がよいという理由です。

どうしてもすぐに受けたい方でも、1〜2日間位は開けた方がいいです。

髪質改善トリートメントをしてから1週間〜2週間はおいてカラーをした方が、思い通りの色が入れられます。

 

もともとヘアーカラーをしている人は いつ髪質改善トリートメントを受けたらいいの?

 

最近では大半の人がヘアーカラーをしていますよね?

そんな方たちは『わたしは髪質改善トリートメントを受けられるの?』と思ってしまう方もいるのではないでしょうか?

そんな方たちはヘアーカラーしてから3週間ほど経った後 髪の色が色褪せ始めた頃に髪筆改善トリートメントをすると「つや」が出て1トーン明るくなるので施術を受けるのに良い時期だと思います。

 

髪質改善トリートメントがおすすめな人とは?

 

髪質改善トリートメントがおすすめな人とはどんな人?

・髪の毛のダメージによってパサつきが気になる方

・髪の毛につやが欲しい方

・髪の毛のくせやうねりが気になる方

・髪の毛にはりやこしが欲しい方

・髪の毛がまとまりにくい方

髪質改善トリートメントの効果の持続期間はどれ位もつ?

 

本人の自宅でのお手入れ方法などにもよりますが、大体2ヶ月くらいは持ちます。

やはり髪質を改善するトリートメントなので縮毛矯正の様には長くは持ちませんが、トリートメント効果とするとかなり長持ちするのではないかと思います。

 

髪質改善トリートメントを受ける頻度は?

 

髪質改善トリートメントを受ける頻度やどれ位の間かくで受けた方がいいのかも気になるところですよね?

髪質改善トリートメントの持続効果は、およそ2ヶ月くらいなので2ヶ月〜3ヶ月でいいと思いますが、早くきれいな髪の毛にしたい方などは1ヶ月後でも受けることもできます。

髪質改善トリートメントの注意点

髪質改善トリートメントのやりすぎにも注意が必要です。

髪に負担が少なくクセを伸ばせる一方で、強い酸性の力を使うため、酸の持つ髪引き締め効果で繰り返しすぎると髪がどんどん硬くなってしまします。

髪の毛が硬くなったり、ごわつくように感じたらスタイリストさんに相談してくださいね。

頻繁に髪質改善トリートメントを受けるより、自宅で日常のケアーに使うのもなどを良いのもに変えたりちょっと手間をくわれるだけで、髪質改善トリートメントのもちもよくなるし髪の毛自体も綺麗になって行くので大幅に違ってくると思います。

普段の手入れでどれだけ傷ませない様にするか!ということが重要になります。

 

ヘアーサロンシンク

髪の毛を洗う時に正しい洗い方で洗う。

 

最近では市販のシャンプーはパッケージも可愛いいしいい香りのするものも多くとても素晴らしい物もありますが、市販のシャンプーには髪の毛にあまり好ましくない成分も入っているので、髪の毛に優しいシャンプー・リンスを使ってあげるとより効果的ですね。

 

 髪の毛の正しい洗い方

髪の毛を洗う前にぬるめのお湯のシャワーで 地肌全体をマッサージする様にお湯を当てながら2分くらいは髪の毛全体の汚れを落として シャンプーに少しお湯を加えゆるくして 手で泡立ててから地肌の中に入れて 下から上に手を地肌にしっかりつけて あまりゴシゴシしすぎない様に 頭皮に血液が巡る感じにマッサージしながらにシャンプーを泡立てる様に洗うことで頭皮の汚れが落ちます。洗い流す時も ぬるま湯であまり強すぎる水流は使わないで上から下に向けて洗い流す。             濡れている時間を少なくすること。

 

なによりも髪の毛を洗った後は、タオルドライしてドライヤーで乾かすという事が一番大事です。

髪の毛が濡れている時はキューティクルが浮き上がっている状態の為、痛みの原因になるのです。

その様な状態で髪の毛を放置したり縛ったりしてしまうととても危険なのです。

縮毛矯正ではないですが、その様な効果もあるということからまずはしっかりと髪の毛を乾かしてキューティクルをギュッと引き締め髪の毛を保護することで髪質改善トリートメントのもちも違ってきますよ。

 

ドライヤーを使う前に行うことや使い方を気をつける

・しっかりとタオルで髪の毛の水分を取り除く。(あまりごしごししない様に優しく両手で押さえながら水分をとって根元の水分を取り除く)

・髪の毛を毛先から大きめのコームでとかしてからドライヤーをかける。

・ドライヤーは上から下に向かって乾かす(ドライヤーを小刻みに動かしながら乾かす)

しっかりと乾かすことを意識するだけできれいな髪の毛を保つことができます。

 

髪質改善トリートメントの料金はや時間はどれくらい?

髪質改善トリートメントの料金や施術時間も気になりますよね〜?

そこで色々と調べた結果、価格 10,000円〜25,000円でした。

施術時間、30分〜2時間半とさまざまでした。

今はまだ髪質改善トリートメントが始まったばかりなので髪質改善トリートメントの定義という物がしっかりしていないので、あまり安かったり簡単に終わるものは毛髪の中にまでアプローチしてくれる髪質改善トリートメントなのかわからないので受ける時は最初にしっかりとどういうものなのか、価格はいくらなのかをしっかり確認してから施術を受けることをお勧めします。

 

薪質改善を受けるメリット・デメリット

 

メリット

・通常のトリートメントに比べて髪質改善トリートメントは2ヶ月という持続性がある

・今まで髪の毛のくせが気になる方でも髪質改善トリートメントでクセが気にならなくなる

・今まで縮毛矯正をかけると真っ直ぐになりすぎないで 自然なつやさらストレートになる

 

デメリット

・カラーと髪質改善トリートメントを一緒に受けることができない

・料金が普通のトリートメントより高い

・施術時間がかかる

 

まとめ

 

髪質改善トリートメントとヘアーカラーどっちを先にした方がいいのか?を理由をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

いろいろなタイプの髪質改善トリートメントがあることがわかったので、自分がどういう事で悩んでいて、どういう風になりたいかをしっかりスタイリストさんと話し合って

自分にあった効果のトリートメントを選んで、髪の毛つやつやさらさらの美しい髪をゲットしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。